目標は「毎日更新」「毎日6時間睡眠」 それでは皆様お休みなさいませ。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2009/04/21
20:14:50
賞味期限切れのねたは置いといて。。。
(ごめんなさい)


そして、レポート自体はうちの最速更新コンビ(Nagiさんとらてさん)に任せて、
私はちょっと別のことを書いてみようと思います。


別のことといってもGvのことです。
今回の戦いにおいて、やはり気になったのが"判断"という部分です。

数ではこちらが優勢でした、恐らく1.5倍~2倍くらいはいたと思われます。
(2PC込みでこちらが60人ちょっと、しるさんちは40人程度と伺いました)

その状態で有効的な決定打を打てなかったことが敗因ですが、
そもそもその決定打は何か、というのをどこまでメンバーで意識できていたかが気なりました。

これは私が自発的に気付いた、というわけではなくてもじょさんの反省会での話から気付かされたことです。
もっと早い段階で気付いてGv中にでも修正することができるようになりたいものです。

決定打は何か、その決定打を放つために必要なことは何か、
それは人それぞれ、PT、ギルド、連合によって異なってきます。

共通しているのは、決定打を打ち込むために必要なのは、その場面に持っていくための手順であり、
手順を組み立てるための判断だと考えています。
ここではその判断するためのロジックを考えてみたいと思います。

なお、判断について今回は局地戦的な判断について記載するつもりです。
侵入深度、残時間で行う全体戦の判断については別途やりたいと思います。

まず、局地的な判断の材料として、3つの分類をします。
分類は、視点・自己戦力・敵戦力(状況を含む)の3点です。

この中で基本となる分類は視点として、各々の視点からの判断ロジックを考えてみたいと思います。

第一の視点は個人視点です。
個人視点については、職業によって大きく変わってしまいます。
恐らく私のような変なステータスタイプの書いたものより、
各々の職業の方々が書いたもののほうが良いと思いますので、
ちょこっとだけ書きます。
まずは自身の戦力を見つめなおして、どのような行為が相手にとって痛撃を与えられるか考えます。
スキル面からは単体威力タイプなのか、空間制圧タイプなのか、遠距離嫌がらせタイプ等
ステータス及び装備面からは耐久力、状態異常耐性、威力等
そこのを把握した上で敵戦力を見ます。
この敵戦力は、相手の保有戦力だけではなく、どのように使われているかも含みます。
どの範囲に攻撃があって、嫌がらせがあって、状態異常攻撃があるのか見極めることができれば、
かなり優位な戦いができます。
そんなこといったってそれをなくすのが防衛の役目なので簡単には行きませんが、
常に狙おうという意識があるだけで、有効的な動きができる回数は格段に上昇します。

ここまで書いて、ロジックといっていたのを思い出しました。
ロジックとして書くとすれば・・・

[自分の能力把握]

[敵戦力の把握]

[行動の判断]

[実行]

これに反省を加えたら完全にPDCAサイクルと一緒でした…
結局そんなものですよね、私ごときの知恵なんて。

まぁ、個人視点に関しては、私よりもっと良いことを書いている人がたくさんいるので
私のは読み飛ばしちゃってください。

第二の視点はPT視点です。
これは連合によりかなり異なると思います。
それは、PTの組み方によります。
SNKでは、PTは基本的にギルド関係なく役割で配置されます。
逆にPTのためにギルドを動く、ということがあります。

以下はSNKのようなPT編成をした場合になります、たぶん。

PTという集団になったことで、自己戦力はPTメンバー全員が含まれるようになります。
その能力をどのように使っていくかの判断もリーダーには求められます。
当然総指揮からの指示はあり、それが優先になりますが、
総指揮からの指示はそこまで細かいものではなく、一定の方針が流れてくると思います。
それをどのように料理して、食卓に出すかはリーダーの判断に拠るところが大きいです。

ロジックはこんな感じ?

総指揮「~PT、***をしてください」
PTリーダー

[Yes] or [No]

[No]~のため、できません!(できないという返答も重要!)
[Yes]PTメンバーに~をしてください!(名指しで行ったほうが反応は早い)

PTリーダーから経過報告

PTリーダーから結果報告

総指揮から再指示など…

総合的なロジックは変わりません。
自己とみる範囲を変えることと、指示をいかに伝えるかの力がPTリーダーに必要です。
あと、できるできないということを把握できる人はとっても重要!
これが把握できているといないとではかなりの差があります。
PTリーダーはどんなことができるのか、始まる前に考えてみてください♪

以下は次回更新分として、次の記事に!

第三の視点はギルド視点です。

第四の視点が今回もっとも必要と思われた連合視点になります。




スポンサーサイト


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2009/04/27(Mon)21:47:15│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2009/05/23(Sat)05:25:01│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://littletotoro.blog118.fc2.com/tb.php/47-f45438c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。