目標は「毎日更新」「毎日6時間睡眠」 それでは皆様お休みなさいませ。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:08:30
久しぶりにblog書きます。
こんなに間が開いてしまってすみません。

最近負けが込んでるSNK連なので、
ちょっと負けている理由とか書いてみようかなと思いまして、
筆を執った次第です。

しかし、筆で書くのは苦手です。

あ、ちなみに負けが込んでいるけどGvがつまらないとは思っていません。
むしろ、防衛で無難に勝っているときより楽しいです!
(防衛でぎりぎりで負けるor勝つが一番好きかもしれませんが)
そんなわけで本編です。

負ける理由1:他連合の戦術変更に対応仕切れていない
最近の防衛の風潮は、バリケード前を熱くすることです。
遊撃であったり、本体であったり、バリケードの前に
人による生け垣を作っているようなものです。

この戦法をとることの利点は、バリケードを攻撃する前にその生け垣を排除しなければならないことです。
しかも、バリケードを破壊するまでの時間、つまり一定以上の時間排除した状態を作り出さなければなりません。
ここでの排除は完全排除ではなく、目的(バリケード破壊)を達成できるレベルのことを示します。
目的を達成できるのならば敵をまったく倒さなくても良いのですが、現実的に難しいので制圧としています。

SNKではまだこの時間の作成がうまくできていません。
バリケードが破壊できないわけではありませんが、時間が多くかかってしまっています。

SE砦はFE砦に比べて多段の防衛構成がやりやすく、それが基本となっているため、
一ヶ所にさける時間は少なくしていかないとタイムアップや時間のなさによる焦りが生じてしまいます。

相手の対応がある程度定まってきた以上、それに対抗するための手段も決める必要があります。
これがSNK連の負ける理由1および決めなければいけないことです。

負ける理由2:EmCに頼りすぎている
SNK連のEmCマスターの方々は非常に有能で、今までにいくつも決定機を作り出してくれています。

以前、いずれかのblog等でEmCが決定機になったのは個人プレーで組織として目的を達したわけではないとありましたが、
EmCマスターがそこまで入り込むための機会はメンバー全員で作っているモノです。
EmCマスターが一人でその砦を攻めて、一人で防衛ラインを突破したのであれば別ですが、
全員が攻めている最中の決定機の作成には、EmCキャラクターが不可欠であるのと同時に、
他のメンバー全員の協力も不可欠です。

話がそれてしまったので、戻します。
上記のような認識の上でも、SNK連はEmCに頼りすぎているところがあります。
献身者と非献身者の連携やそこに至るまでのプロセスは十分に熟れており、
成功時は運で成功しているわけでないことを理解していますが、
EmCマスターが道中で徹底的に狙われることなど、
キープレイヤーが一人(もしくは二人)である危険性は取り除くことができません。

それと同時に、EmCがないGvは現状困難と言わざるを得ません。
SEは基本的にエンペリウムまでの距離が長く、ばらばらに徒歩移動してしまうと、
各個撃破される可能性も高く、まとまりに欠けることがほとんどとなってしまいます。

今後は必須ではあるけど、頼りすぎてはいけない...
その中間地点をいかに模索するかが必要と思います。

ほかにも色々ありますが、とりあえずこんな二つをあげてみました。

そして、文章の推敲はほぼしていませんので、また直すと思います・・・
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://littletotoro.blog118.fc2.com/tb.php/54-2c7ef2c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。