目標は「毎日更新」「毎日6時間睡眠」 それでは皆様お休みなさいませ。
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
02:52:42
見てくれている方が結構いたようでうれしく思います。

肯定的な意見、否定的な意見どちらもありがとうございます。

また、私の書き方が悪く不快に思われた方もいたようです。
その点については申し訳なく思います。

複数の問題点をまとめて書いてしまっており、
メインの問題点がわかりにくい文章となってしまっていたので、
前回のも整理しながら、予告したことも書きたいと思います。

なお、これらの意見については私個人の意見となります。
連合全体、NPとしての見解ではありません。
<前回エントリーの反省>
・前述の主題が不明確なところ
→メインで言いたかったことは対戦相手の減少でしたが、
それを伝えることができていませんでした。
・ルール制などの案を無造作に提示してしまったところ
→いろいろな方からご指摘をいただきました。
確かに「勝てないから合わせろ」と言っているように受け取れますし、
私たちが大手であったときには何もしていないのも確かなので、
不適切であったと思います。


これらの反省をもとに少し書いていきます。

1.対戦相手の減少
対戦相手の減少、ひいては対戦機会の減少を含みます。
GvGをやる以上は戦いがないと寂しいものです。
今までも連合数、勢力数は減少の一途をたどっていましたが、
このR化によってそれが加速されないかということが私は心配です。
これ以上の減少は危険水準であると考えているからです。
杞憂であれば、それが一番ですが・・・

このことについての対策は妙手が思いつきません。
前回エントリーの案も確かに下策だと思います。
何か良い案はないでしょうか。


2.努力の差
前回エントリーで予告したものです。
これはプレイヤーの問題ではなく、システムの問題だと思っています。
努力をして、レベルを上げたプレイヤーが強いのは当然だと私も思っています。
ただ、その強くなり方がシステム的に顕著になりすぎたところが疑問です。
それは、ステータス、スキル部分での強化に加えて状態異常に対する耐性及び効力が上昇することで、
レベルの差が乗算的に作用しているという点です。

今までのが差が小さすぎて、これくらいの方が良いという意見もあることは確かですが、
全員がRagnarokに対して努力できるわけではないですし、
努力しようにもレベルがそれ以上上がらない職業もいます。
それは努力が足りない、の一言で片付けてしまうものではないと思います。

といっても、各プレイヤーが育てたキャラクターを使わない、
弱くして活用するという必要はないと思います。
SNKにおいても高レベルキャラクターがいますし(といっても110前後ですが)
そのキャラクターの活用方法もみんなで話し合っています。

私としては装備もあまりなく、レベルの高くない人の居場所が
ほとんどなくなってしまっていることに寂しさを感じます。

新規の人が入りにくい雰囲気が更に強くなってしまっていること、
既存の人でもGvしかしていなかった人が参加に迷いを覚えてしまっていること、
これらのことからシステム的な修正を加えてほしいと私は考えています。
(といっても、サポートメール送るぐらいしかできないけど)


3.今後の展望について
私はネガティブキャンペーンするつもりではないので、
これについても書いてみたいと思います。

今後の展望について、SNKは今まで通りだと思います。
R化の前のようにいろいろなことを試して、
戦術を磨いて勝てるようになりたいと思います。
そもそもSEが導入された後、しばらくは対応できずに負けっ放しでした。
絶対的な成長だけではありませんが、
勝てるようになったのはSE導入後しばらく経ってからでした。

このように今回も成長できる連合でありたいと思います。

また、次連合以外での展望として。
R化によって個の力が大きくなってるので、
今までのように一定人数以上の連合ではなく、
以前のしるさんちのようなポジションのギルドができれば、
20人程度でも十分大手の驚異になると思います。
そういった勢力が増加して、戦いが増えればうれしいですね。


4.最後に
私はこのRagnarokが好きですし、
今の仲間たちが大好きです。

だから、今までのように遊んでいきたいと思っています。
そのために何ができるのか、それを考えるのは今後も続けていきます。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://littletotoro.blog118.fc2.com/tb.php/61-28b5ebb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。